「ほっ」と。キャンペーン

ビザラン-1(チェンコーンからフエイサイ)


ビザラン-1
(チェンコーンからフエイサイへ)

タイでは日本人旅行者に対して、ノービザで30日の滞在を認めている。それ以上の滞在を希望する場合は観光ビザ(60日)の取得が必要である。また、長期滞在者にとっては年金ビザや就労並びに留学ビザ等がある。

今回はノービザで入国し、63日の滞在予定なので年金ビザの再申請をするつもりであった。

しかし、2013年111日にタイ出入国管理規定の改定で、G7 サミット参加国の国民を対象に陸路および海路での入国時の滞在ビザは15日から30日に延長する

(2008年12月にこの逆の改悪がなされた)ことになったとのニュースを得たので、滞在途中でビザ取得の出国(ビザラン)をしてみることを思いついた。

通常、チェンマイからは最北の町メーサイに行きミャンマーのタチレックに出るのが一般的である。しかし、昨年末にチェンコーン、フエイサイ(ラオス)に「タイ・ラオス第4友好橋(中国とタイの共同出資)」が開通したとの情報を得たので、メコン川を渡って滞在ビザを得ることを計画した。

f0116707_19310938.jpg



チェンマイからチェンコーンへミニバスが運行されている(1便/日、450バーツ、4時間、ナムコーンゲストハウス:ターペー門近く)またアーケードバスステーションからVXバス(451バーツ、5時間)およびAバス(231バーツ、7時間)が運行されている。いづれの場合も、一便/日の運航で現地で一泊する必要がある。

他の方法では、チェンライを経由する方法がある。この場合は、チェンライ~チェンコーンまではローカルバス(65バーツ、2時間)に乗る必要がある。

一泊は免れないようなので、便数の多いチェンライ経由を採用した。チェンライまではVIPバス(280バーツ、3時間)、Xバス(180バーツ、3時間)、Aバス(144バーツ、3時間)の3種類があり、席のゆとりの度合いや飲料水と茶菓のサービスがあるかどうかさらに途中停車するかしないかの違いである。Aバスに乗ったが、乗客の要望に応じて各所で停車(バス停ではない)していたが約3時間半で到着、快適なバス旅行であった.

f0116707_21580750.jpg

f0116707_21582011.jpg


(チェンライイ~チェンコーン行きバス時刻表とローカルバス)


チェンライからチェンコーンへのバスは一時間に一便運行されており、乗降扉を開けっ放しで走るローカルバスそのものであった。橋の掛かったところが国境なのだが、チェンコーンの手前約10キロに位置し、本線(国道121号から2キロほど離れている。またバスの停留所はない。ソンテオがチェンコーンの市内から50バーツ/人で輸送してくれる。今回は、陽気な女性車掌さんの計らい(?)で、ラオスに渡る外人の頭数(確か6人)で計算して、一人35バーツで途中立ち寄ってくれることになった。(他の乗客をほったらかしてのアルバイトか(?)

イミグレーションオフィスは人影もまばらで、出入国手続きも簡単に済ますことができた。

先ず出国手続きの前にバスのチケット(徒歩での国境超えは禁止)20バーツを購入、バスで橋を渡り(国境を越え)ラオスの入国手続き(ノービザで15日間滞在可能)。

f0116707_00414551.jpg


その後ラオスのソンテオ(1トントラックの荷台を改造したボロボロの車)でフエイサイへ、100バーツ(タイバーツが使用できる)を要求されるも、移動手段はこれしかなく、ボッタクリに憤慨するも了承せざるを得なかった。

f0116707_00433488.jpg
f0116707_00435133.jpg

折角来たのだから、ラオスで一泊したが、フエイサイの町では観光するものはなかった。


一泊したという自己満足だけで、翌朝早くフエイサイの町を後にした。


フエイサイの町はユネスコ世界遺産に登録されたラオスの古都ルアンプラバンへのボート発着始点として知られている。スピードボートは時速80kほどで8時間ほど。(時々転覆の噂がある)また、スローボートは途中一泊でのゆったりしたクルージングを楽しめる。
(フエイサイ~ルアンパバーン:220000キップ=880バーツ≒2800円)


タイへの入国手続きは至って簡単、無料で滞在ビザ30日(一ヶ月ではない)を発行してくれた。

f0116707_00134072.jpg

タイ・ラオス第4友好橋は全長1.2㎞、橋渡対象:自動車、中国の雲南省昆明からラオスを経てタイのバンコクに陸路による移動と輸送が可能になる。アジアンハイウエイ3号線の一部である。

f0116707_00474842.jpg

因みに、アジアンハイウェイ1号線は東京日本橋を起点に、福岡からフェリーで韓国に渡り、北朝鮮、中国、ベトナムやタイ等を経由する国際高速道路網のこと。全長20557㎞でトルコとブルガリアンの国境付近を終点とする。)













[PR]

# by kentakajp | 2014-02-03 22:07 | タイ北部

「シオンの家」チェンマイ

グループホーム 「シオンの家」

f0116707_12033498.jpg


旧市街から少し離れたところで、チェンマイ大学の東側に位置し、 ドイステープ山のふもとの豊かな緑に囲まれた約300坪の敷地にゆったりとたたずむ二階建てのお家です。

f0116707_12143542.jpg


チェンマイに長年滞在しておられまた「チェンマイ日本語キリスト教会」の信徒である
N 姉と介護
が必要なご主人のことを考えて、気候温暖なチェンマイに滞在しておられたMご夫妻とがチェンマイの「日本語キリスト教会」で知り合い、上記のモットーに共感して2013年9月1日にオープンしたとのこと。

チェンマイ日本語キリスト教会の野尻牧師ご夫妻のご指導を頂きながら、全てが祈りの中で進められ、起床から就寝まで祈りの中での生活をすることができるように式文が用意されているとのことです、リビングルームを使って、各種教室や催し物を開催しています。例えば、ステンドグラスを作る会、水彩画を学ぶ会、聖書勉強会が進行中です。

f0116707_06442733.jpg

            <絵画教室の一風景> 初日は各自の手を描いたそうです。


将来は、日本語キリスト教会関係者以外の方々にも、祈りの中での生活に共感して頂ければ会場をお貸しすることを計画しているそうです。

大きな建物で、2階に3部屋、1階に2部屋の計5部屋をお貸しすることができ、洗濯機、冷蔵庫並びにキッチンは共同使用となるとのこと。よって、ショートステイ(観光で来られる方も含めて)の方方々も祈りの中での生活に共感して頂けるならば大歓迎とのことです。

貸し部屋の料金は300バーツ/日です。ただし、ロングステイの場合は宿泊料金は相談させていただくとのこと。また、必要ならば、メイドさんとの個人契約をお世話することが可能とのことです。

毎日が晴天のチェンマイで、小鳥のさえずりの中でMご夫妻が仲良く庭のブランコに揺られている姿に幸せを感じました。


[PR]

# by kentakajp | 2014-01-31 18:27 | チェンマイ

ひな祭り

                           今日はひな祭り

             姉や妹がいた我が家でも毎年飾っていたことを思い出します。

        ひな人形を飾り、色とりどりの“あられ”や“餅菓子”を頂いたことを思い出しています。

f0116707_8212932.jpg

           羽田空港の国際ターミナルの4階の“七段飾り”の立派なひな人形です。

               f0116707_974266.jpg    f0116707_98444.jpg












                     男雛(天皇)と女雛(皇后)が最上段です。

                     三人官女、五人囃子と続きます。


f0116707_9185491.jpgf0116707_9192861.jpg

















                      市松人形も一緒に飾られていました。
[PR]

# by kentakajp | 2013-03-03 09:23 | 日本

足利フラワーパーク(2)

             
              ”足利フラワーパーク”では”つつじ”は盛りを過ぎつつあったが、 

              同じつつじ科つつじ族の”しゃくなげ”が見ごろを迎えていた。
              
                                                                                                                                       
              アズマシャクナゲ、ホンシャクナゲ等々種類は豊富である。
                                  
                f0116707_7351184.jpgf0116707_735710.jpgf0116707_7433374.jpgf0116707_744916.jpg























                ”藤”が枝を大きく広げてその優雅さを誇るのに比べて、 

                こじんまりとした花木であるが大柄の花を着け、その

                華やかさを誇っていた。
[PR]

# by kentakajp | 2012-05-12 07:50 | 日本

足利フラワーパーク(1)

            浦安市主催のバスツアーで、100km程北の栃木県にある”足利フラワーパーク” に出かけた。                                                                                                                                                              
            “しだれ藤”で有名な“足利フラワーパーク“は15年ほど前の開園で8.2haの広さにを始めとして
            各種のつつじシャクナゲばら更には季節の野草を配した見事なフラワーパークである。


f0116707_19251497.jpg



            特に“しだれ大藤(紫色)”は500畳以上の広さに仕立てられており、長さも1.5mを超えている。
            園内には更に白や黄色の藤の花も多数見かけられる。

f0116707_19432442.jpg


           黄花フジ(金鎖)はタイのゴールデシャワー(別名ラーチャプルック)に姿は似ており、                                        
           同じ豆科であるが属が異なる。

f0116707_19461155.jpg



f0116707_19523393.jpg



           約2から3週間が藤の花の見ごろで、つつじとのコラボがきれいである。
           そろそろ、シャクナゲの季節で、その後にバラと主役が順次交代していく。
[PR]

# by kentakajp | 2012-05-10 19:54 | 日本

ブログ名変更のご挨拶

退職後は、避寒を目的に東南アジアに出かけゴルフにテニスにと勝手気ままに暮らしていた。
特に、チェンマイでは日本人ロングステイヤーのコミュニティーがあることから、生活しやすく、
6年間も通ってしまった。春先に帰国し、桜を愛でて続く新緑の季節に生きる喜びを感じる
というのが年中行事になりつつあった。

特にチェンマイでは、道路状況が良いことから、多くの北タイの国立公園を訪れる機会に恵
まれた。季節ごとに表情を変える景色は美しいもので、偉そうなことは言えませんがそろそろ
行きつくした感がある。

今後は、しばらくは日本に留まり、日本のきれいな景色等をチェンマイのステイヤー達に発信し
ようと思う。

最近はゴルフは面倒になり、気軽に取り組めるテニスを楽しむのが中心である。これも平日の
ことで、土、日曜日は現役組に譲って、小さな庭いじりやギターの練習をしている。

また、時間があれば「つれづれなるままに、パソコンにむかいて・・・・」という状況から、この
ブログの題名を、現在の生活状況を現わしている“つれづれなるままに”と改名することにした。
[PR]

# by kentakajp | 2012-05-10 16:35 | ご挨拶

河津桜

               今年は寒さが厳しかったので桜の開花が遅れていると報道されています。

               それでも、高知県では”ソメイヨシノ”が満開になったとのニュース。

               千葉県の浦安で、遅ればせながらの”河津桜”(ピンク色がきれい)
               を楽しみました。

               ”ソメイヨシノ”はイースター(今年は4月8日)の頃、見ごろを迎えるとのこと。


f0116707_11302833.jpg

                     (千葉県浦安市 高洲中央公園)



f0116707_1131579.jpg

[PR]

# by kentakajp | 2012-03-29 11:18 | 日本

天体ショー

                 3月末に、金星、三日月と木星が一直線に並ぶとは聞いていたのですが、
                 チェンマイは煙霧(山火事や自動車の廃ガスによる大気汚染)が酷く
                 見ることはかなわないと思っていました。

                 事情があり、予定より早く帰国したおかげで、澄み渡った東京の夜空の
                 天体ショーを楽しむことができました。


f0116707_1116547.jpg

[PR]

# by kentakajp | 2012-03-27 11:01 | 日本

花博覧会

2006年に始まったチェンマイの花博覧会、昨年はプミポン国王の生誕84歳、シリキット王妃の生誕80歳さらにワチラーロンコーン王子の生誕60歳を記念して開催されました。開催初年に比べれば、華やかさは今一でしたが、大きな観覧車が設置され子供も大人も大好評のようでした。


f0116707_22314653.jpg


毎年公表を博しているのが”蘭園”で本場の蘭が大人気でした。5大種族以外にも色々な”交配新種”が数多く展示されていまsた。

以下、写真で紹介します。


f0116707_22194144.jpgf0116707_22201081.jpgf0116707_22213782.jpg














            日本名”胡蝶蘭”は蝶が舞う姿を彷彿させる花びらが優雅ですが、
            ギリシャ語では”蛾弐似た”という意味だそうです。

            カトレヤはこの蘭の栽培に成功した英国人”William Catteley”さん
            の名前にちなんだもの。

f0116707_22245589.jpgf0116707_22253126.jpg














f0116707_22255945.jpgf0116707_22294611.jpg
[PR]

# by kentakajp | 2012-02-26 22:27 | チェンマイ

パヤオ湖

                   パヤオ湖に沈む夕日は一見の価値があると言われている。
                   ゆっくりと一泊して、それを眺めてみようと出かけた。

               
f0116707_1523043.jpg

          
                   パヤオ湖はチェンマイから東北東に約170km。バスで約2時間半。
                   色々な資料があり、正確なことは解らないが、海抜 380m、
                   2,450Haの大きさで1939年に漁業用に堰がけられ現在の姿になった。

                   古都でありながら、観光客への紹介が少ない街である。
  

f0116707_15255023.jpg


                   湖の西方に1856mブッサラカム山がそびえている。
                   そこに沈む夕日と湖面に映える夕日は秀逸である。

f0116707_15275171.jpg

          
                   つるべ落としの夕日。

                   湖の直ぐそばの宿のベランダでビールを片手に暫し悠久の一時。
[PR]

# by kentakajp | 2012-02-10 15:32 | タイ北部