天体ショー

チェンマイは冬晴れが続いて、毎夜きれいな星空が楽しめます。真夜中には冬のダイヤモンド冬の大三角といった一等星の天体ショーが楽しめます。最近は視力が低下した所為で、は双眼鏡を使った観測になりました。12月1日には地球に最も近い惑星で、月の次に明るい星である金星と太陽系では最も大きい惑星である木星がランデブーし、そこに三日月が割り込むといった天体ショーを楽しみました。12月29日には木星と月、31日には金星と月と別々のランデブーでした。
f0116707_12181491.jpgf0116707_1285467.jpg















年初には二十六夜の月とのランデブー(フロリダ州、明け方、2月4日)も報告されています。下弦後のお月さんなので、口元が少し歪んでいます。12月1日のランデブーでは三日月さん(上弦前)で少し笑っている感じです。
Smiling SkyあるいはSmiling Moon と報道され、話題になりました。
金星と木星がランデブーするのは,各公転周期が584日と399日の逆公転ということから、明け方および夕方、各々約3年3か月ごとにランデブーすることになります。そこに月が割り込むのはとても珍しいことです。
f0116707_12365469.jpg30日には金星、月と木星が一直線に並びました。木星の下側には水星が頑張っていました。
金星とお月さん(三日月)のランデブーは来月下旬にも見られます。
何とも優雅な気持ちで、新年を迎えることができました。

[PR]

by kentakajp | 2008-12-31 23:54 | その他