ドク・ゲーオ・ガーデン(老人ホーム)

f0116707_19402583.jpg

チェンマイの老人ホームのご紹介。



マッケーン・リハビリセンター」内にある「ドク・ゲーオ・ガーデン」である。
ドク・ゲーオ"とは”Orange Jessamine"のタイ語名で、この花は人々に幸せと心の平安をもたらすというタイの伝説から、名づけられた。
(和名は”月橘”(げっきつ)で月夜に甘いミカンの香りを放つと言われている)


f0116707_19354748.jpgマッケーンリハビリセンターの由来は以下の通りである。
1907年、アメリカの長老派教会の宣教師であったジェームス・マッケーン博士がハンセン病患者の悲惨な生活状況を国王に訴えて、川と運河に囲まれた国王の土地(60万Ha:約18万坪)が授けられた。1908年に「チェンマイハンセン病患者保護施設」が完成。患者の治療が開始された。
1940年代にダブソンと言う特効薬が開発され、不治の病と言われていた「ハンセン病」は完全に制圧される病であることが解った。
リハビリセンターでは元患者の外部コミュニティーとの共存、他の障害者との共存、高齢者との共存を目指している。現在は、その一環として老人ホームが運営がされている。
ハンセン病が癒えた患者たちは「回復」という言葉ではなく「経験」と言う言葉を使うとのこと。すなわち、人生の数ある経験の一つというとらえ方をしているとのこと。
それでも、高齢で故郷に帰ることが出来ない元患者たちは、この広大な敷地内で無農薬野菜の栽培や手工芸品の製作等で自活の道を歩んでいる人たちが数十人おられるとのこと。
敷地内の教会  元患者の方々の家
f0116707_23153536.jpgf0116707_23182234.jpg














老人ホームはこの敷地の一部にあり、健常者棟(Lotus Wing:10室、24,000バーツ/月、食事代、ほか諸費用含)と介護者棟(Jasmine Wing:16室(中廊下形式)、35,000バーツ/月、食事代、ほか介護費用含)で構成されている。(現在の為替レートは、1バーツが2.5円)
ある人の言によれば、介護者棟は”召される前のひと時を安らかに過ごす場所”なのだそうです。隣接するマッケーン病院の24時間のケアも用意されており、人生の最後をゆったりと暮らすには最適の場所であろう。
そのほか、入居者の生活を支えるために、絵画や彫刻の工房が用意されており、乗馬も楽しめるとのこと。広大な敷地を散歩しながら、元患者の方々との交流も始まっている。

f0116707_2344495.jpgf0116707_2345239.jpg
f0116707_2347672.jpgf0116707_23473470.jpg





















                  地図を添付しておきます。

f0116707_1934514.jpg

[PR]

by kentakajp | 2012-02-01 23:58 | チェンマイ