庶民の足

f0116707_19191395.jpgf0116707_19192947.jpg








チェンマイ市民の足はなんと言っても"ソンテウ(ヲ)"と"トックトック(ツックツック)"である。
"ソンテウ"は"ISUZUの2トントラック"を改造し、屋根をつけて、座席を二列並べた乗り合いタクシーである。旧市内を中心に走るのが赤色、郊外まで行くのは白や水色他と行き先によって色分けされているらしい。市民は、もっぱら赤色の"ソンテウ”を使用する。一人当たり15バーツ(約50円)で指定した場所へ行ってくれる。少し遠いとか一人だけの乗車となると、20バーツを要求してくる。外人となると2~3倍の値段を吹っかけて来る輩もいる。
f0116707_19195839.jpg
”トックトック"は昔懐かしい"MATSUDA の自動三輪車"を飾りつけたものである。これに乗る場合は行き先を告げ、値段交渉をする。近場でも50バーツ以上は必要であろう。この乗り物は一台当りの乗車賃となる。二人以上で観光する場合は、小回りも利くし、割安となる事もある。子供連れの4人家族で乗車している姿を見かける事もある。
[PR]

by kentakajp | 2006-12-26 18:46 | チェンマイ