国際園芸博覧会(続編)

一度訪れて、あまりの広さと暑さに圧倒され、一回限りと思っていたが、少ししか立ち寄らなかった屋内展示の"ランの花"が素晴らしかった事を思い出し、再訪する事にした。
園内は相変わらずの人出で、大型バスに乗って、全国各地から見物客がやって来る様だ。
1月末の閉園を延期するかも知れないとの噂もある。
今回は、屋内展示場の花々を紹介する。
日本の展示コーナーでは、一足早く"桜の切り枝"が届けられ、"タイ-桜"と競演していた。
f0116707_20255543.jpgf0116707_20262312.jpg







"ランの花"はそれだけで、一つのパビリオンを形成していた。絶滅種に指定されている珍しい"ラン”の展示もあり、大盛況であった。
カトレヤ3種と絶滅危惧種の3種を写真でお楽しみ下さい。
f0116707_20265817.jpg
f0116707_20271722.jpg








f0116707_20352358.jpgf0116707_20361358.jpg








f0116707_20364318.jpgf0116707_20372139.jpg
[PR]

by kentakajp | 2007-01-25 20:18 | チェンマイ