戦場にかける橋(クウェー川)

第二次世界大戦時、東南アジアに展開した日本軍はビルマ(現ミャンマー)への軍需物資輸送を目的に400kmにも及ぶ鉄道を敷設した。いわゆる、泰緬鉄道である。それに伴い、クウェー川に鉄橋をかける必要があり、連合国の捕虜や現地人に過酷な労働を強制した。昭和32年に映画化され、ウイリアムホールデン、早川 雪洲やアレックギネス等の熱演で川の名前”クウェー川鉄橋”と主題歌の”クウェー川マーチ(日本ではクワイ川マーチ)”が有名になった。
f0116707_18573337.jpg
連合軍に破壊された橋は、戦争賠償として日本の手で修復され、バンコックから西北西に約150kmのカンチャナブリという町(バンコック南バスターミナル”サイタイマーイ”からVIPバスで2時間)にあり、観光名所になっている。現在もトンブリ(バンコック)~カンチャナブリ~ナム・トク間の運行に、現役で使用されている。列車が来ない合間に観光客が鉄橋の上を散歩。
f0116707_22454582.jpg橋の袂には第二次世界大戦博物館があり、当時の連合国軍捕虜の過酷な労働状況をジオラマで見せている。如何にも日本軍将校という(ノッペラ顔の)人形も再現されており、また戦争に関する絵や写真、日本軍の使用していた軍票等々が展示されている。西洋人観光客は熱心に見物していたが、我が日本人としては見るに堪えがたく、目をそむけながらの見物であった。
f0116707_19181052.jpgカンチャナブリ駅からクウェー川鉄橋に行く途中に、連合軍共同墓地がある。7000人の兵士が静かに眠っている。共同墓地はもう一ヵ所あるそうで、そちらには1800人程の兵士が眠っているとの説明であった。小さな墓標には名前と年齢が刻まれており、20歳前半から30歳前半の若い兵士の無念さが偲ばれる。説明によると、栄養失調や虐待による犠牲者は連合軍で15000人また現地人で30000人と言われているそうである。連合軍を上回る数の犠牲を出した現地の人々の慰霊はどうなっているのであろうか?
[PR]

by kentakajp | 2008-10-21 18:59 | その他

運転免許(自動2輪)の取得

タイで運転免許の取得に挑戦した。無免許運転が多いと聞かされており、運転はプロのドラシバーに任せるべきだとは思いつつ、行動半径を広げるためには、オートバイ位は乗りこなす必要がある。日中だけの運転と自身に言い聞かせ、受験を試みた。
街の中は100~125CCのオートバイがあふれかえっている。法規上は15歳以上は90CC以上の2輪車の運転が可能。もっとも、100CC以下のオートバイは見かけないし、小学生位の男の子がバイクを運転しているのをしばしば見かけるが。
f0116707_082846.jpg先ずは、領事館で”在留届出済証”(640Bht:費用の算出根拠が解らない)を発行してもらい、それを持って陸運局に出向き、学科と実技の試験を受けることになる。
8時前に陸運局に到着、ほとんど英語表示は無い。それでも何とか、インフォーメーションで説明を聞きつつ、次の工程に進んで行く。"色覚障害検査”に続いて"反射神経テスト"、"左右の遠近バランス検査"や"広角視野テスト"を受けた。




f0116707_8122890.jpg
f0116707_0204570.jpg






テスト結果に疑義がある場合は、再テストでOKとなるようで、誰も不合格者は発生しなかった。不思議な世界である。
学科試験前に、外人は約1時間の英語あるいは日本語で"交通法規"についての説明を受ける。その後、コンピューターの画面上で、持ち時間1時間の30問の4択のテスト受けた。第一回目は不合格(17/30問)であった。答え合わせの結果、回答のあやしげなのが数問見つかる。兎に角、不合格なので、次回に捲土重来を期すことに、しかし係官が再度テストを促すので、、即座に希望した。
f0116707_774328.jpg
二回目の結果、(23/30問)合格となり、即 合格のスタンプを押してくれた。
実技テストは”車持ち込みが原則”とか。(日本では、即無免許運転の現行犯で逮捕されるのだが)
親切な係官のお陰で、係官の知り合いの受験者の”オートバイとヘルメット”を借りて、受験した。持ち主には、気持ちだけの100Bht(300円) をお渡しした。
晴れて、合格し免状発行手数料55Bht (165円)、写真撮影とそれのカードタイプ免許証作成代金100Bhtを支払って、午後2時半に全てを終えることができた。
陸運局までの交通費を入れても合計で1000円弱で自動2輪の免許証(但し、1年間有効の暫定免許証)を得たことになる。
f0116707_7334462.jpg

後刻、伺った話では 係官は基本的に全員が合格できるよう努力しているそうだ。受験者は生活がかかっていることもあり、合格するまで試験を繰り返してくれるのだそうだ。再テストの繰り返しで全員が合格する。合格して、初めて受験手数料を支払う。これが良いかどうかは別にして、交通担当の警察官が天下って、職場を確保するために運営されている日本の運転免許試験場とは大違いである。どちらが、世界の常識であろうか?
[PR]

by kentakajp | 2008-10-15 23:56 | その他

ノン・イミグラントビザ(年金ビザ)の取得

3度目のチェンマイは、滞在予定もあいまいなまま来てしまった。しかし、数か月の滞在を想定し、在留届を総領事館に提出、同時に滞在用のビザを申請した。通常は在日本のタイ王国大使館あるいは総領事館に申請して取得するものであるが、現地でも取得可能という情報を基に挑戦してみた。
f0116707_12141268.jpgタイでは、往復航空券所有での到着が必要で、航空券の有効期間にかかわらず、日本国籍所有者は一か月の滞在が許可される。
在留届(3か月以上の部屋あるいは住居の賃貸契約書が必要)提出後に、年金受領額証明(年金証明書原本と直近の年金振込通知書を提出)を総領事館で発行(520Bht =1560円、英文の証明であるが、手数料が高すぎると評判は良くない)してもらい(ただし、年金受領額は65,000Bht/月以上が必要)、申請時にビザ残存期間21日以上という条件で、イミグレーションオフイスで受け付けて、即ビザを発行してくれる。
イミグレーションオフィス(平日 8:30~16:00)でデジカメの写真(4枚組:100Bht=300円)撮影後それを申請書に貼付して、待つこと1時間。何の質問もなくパスポートに”ノン・イミグラント カテゴリーO"のスタンプを頂いた。(シングル 2000Bht=6000円 )
f0116707_12162916.jpgこれで、90日の滞在が許可されたことになる。90日後に延長手続きをとればよいとのこと。
日本での同種ビザ取得は年金証明書の他、国公立病院発行の健康診断書英文の身元保証書保証者のパスポートコピー戸籍謄本原本等々が必要で、複雑な手続きゆえ、かなりの時間と費用(シングルビザ発行手数料でさえ9000円)が掛る。
得た情報を有効に使うかどうかで、時間と費用にこれほどの差が出るとは驚きである。
[PR]

by kentakajp | 2008-10-15 04:31 | チェンマイ

三度目のチェンマイ

9月28日(日)に、三度目のチェンマイにやってきた。バンコックで大雨の影響で、国内線に若干の遅れはあったものの、成田を出てから約10時間の旅で、夜の7時に到着した。滞在期間や行動計画はほとんど白紙の状態でやってきたので、これから一つ一つこなしながら、次のことを計画しようと思っている。(この発想法はベトナムやタイで身につけたものであろう)
先ずは、在留届年金ビザ(所謂O-ビザ)取得に挑戦であるが、これらについては別途ご報告することとする。
10月初旬のチェンマイは雨季終盤で、不安定な天候なのであるが、今年は台風16,17号が追い打ちをかけたとかで、さらにぐずついている。それでも、例年通りならば、あと2週間もすれば、ほとんど雨が降らない乾季に移行するはずである。
市の中心からすると東南東に位置する”ポンピンホテル”の屋上(21階)から、10月初めのチェンマイの風景を撮影したのでお送りする。
(市の西北西にあるステープ山(1865m)と旧市内(海抜310m)の風景)
f0116707_19302183.jpg

(ピン川を越えて広がる緑豊かな郊外北部)
f0116707_19315556.jpg

(ピン川の両サイドに広がる郊外東部)
f0116707_19332921.jpg

このように、チェンマイは三方を1000~2000m級の山々に囲まれた盆地である。また、海抜310m高原地帯と言える。
[PR]

by kentakajp | 2008-10-05 19:36 | チェンマイ