レインボーファーム

1997年恵泉アジア協力会からタイ王国のパヤップ大学へ有機農業の指導に派遣された"杉山信太郎博士”は数種類の果樹の混植試験を始められた。2000年にはチェンマイ郊外で1.2Haの農場を借り受け実証試験を開始された。2004年には”レインボーゆうきの会 ジャパン”という博士を支援する組織が日本で結成された。(支援組織は2009年にその任務を終えて解散している)

f0116707_19304169.jpg

博士は2004年に稲の圃場で偶然”糸ミミズ"に出会い、糸ミミズが稲と共生し雑草を除去する役目があることを発見した。
以来、化成肥料を使わずに、もみ殻(EM菌を使用して豚やアヒルの糞尿を混ぜて発酵させたもの)ともみ殻クン炭、胚芽(精米時に発生)を適当な比率で施肥することで、糸ミミズの餌になり、稲作が継続できる方法を確立された。1928年生まれの博士は”糸ミミズ”による稲作が将来の人口増における食糧問題を解決できると考え、歳を顧みず年に数度はチェンマイに来て研究と指導をしておられる。現在は近所の篤農家を集めて、赤米(神経系統の活性化に有効)及び黒米(活力が高くなる)の作付け指導をしておられる。
近々、JICAでの講演も予定されているとかで、毎夜遅くまで原稿の校正に勤しんでおられる。


f0116707_19373636.jpg

杉山信太郎博士と今年、新しく加わった助手の”小山天音(Oyama Amane)”君

f0116707_19424812.jpg

研究棟周囲の圃場
[PR]

by kentakajp | 2012-01-26 19:44 | チェンマイ

ブーゲンビリア

例年ならば乾季の真っ盛りということになるのですが、ここ2,3日は珍しく雨が降っています。植物にとっては恵みの雨でしょう。

さて、ブーゲンビリア(中南米原産の低木で和名を”筏葛”イカダカズラと言います)が美しくなる時期になりました。最近は日本でも寒さに強い品種が開発され、東京でも見受けられます。

ここチェンマイでは乾季になると、種の保存と言う植物の本能なのでしょう、徐々に色が鮮やかになってきます。

以下、数種類をご紹介します。

f0116707_12133476.jpg


花は真ん中の白い部分で、周りの包葉(3~6枚)が色づきます。

f0116707_1217336.jpg


f0116707_12282717.jpg


f0116707_1634513.jpg


f0116707_214535100.jpg


f0116707_2147411.jpg


乾季の終盤はもっと色鮮やかに変化するように思います。
[PR]

by kentakajp | 2012-01-14 12:33 | チェンマイ

明けましておめでとうございます

f0116707_16512679.jpg

明けましておめでとうございます。

昨年は色々と災厄が続いて降りかかり、日本もタイも大変苦労した年でした。
どうか、今年は穏やかな年でありますように。

政治の世界は風雲急を告げているようですが、もっと国民を大切にしてほしいものです。
世界の経済状況も思わしくないようですが、うまく舵取りをしてほしいものです。

このような中、のチェンマイでの6度目の正月を迎えました。
色々な”しがらみ”を忘れてのチェンマイ避寒ステイです。

東京の気温に15度を加えたような気温で、毎日が晴天で小鳥のさえずりで目覚めます。
タイの軽井沢と言われる所以です。
[PR]

by kentakajp | 2012-01-03 16:25 | ご挨拶