足利フラワーパーク(2)

             
              ”足利フラワーパーク”では”つつじ”は盛りを過ぎつつあったが、 

              同じつつじ科つつじ族の”しゃくなげ”が見ごろを迎えていた。
              
                                                                                                                                       
              アズマシャクナゲ、ホンシャクナゲ等々種類は豊富である。
                                  
                f0116707_7351184.jpgf0116707_735710.jpgf0116707_7433374.jpgf0116707_744916.jpg























                ”藤”が枝を大きく広げてその優雅さを誇るのに比べて、 

                こじんまりとした花木であるが大柄の花を着け、その

                華やかさを誇っていた。
[PR]

by kentakajp | 2012-05-12 07:50 | 日本

足利フラワーパーク(1)

            浦安市主催のバスツアーで、100km程北の栃木県にある”足利フラワーパーク” に出かけた。                                                                                                                                                              
            “しだれ藤”で有名な“足利フラワーパーク“は15年ほど前の開園で8.2haの広さにを始めとして
            各種のつつじシャクナゲばら更には季節の野草を配した見事なフラワーパークである。


f0116707_19251497.jpg



            特に“しだれ大藤(紫色)”は500畳以上の広さに仕立てられており、長さも1.5mを超えている。
            園内には更に白や黄色の藤の花も多数見かけられる。

f0116707_19432442.jpg


           黄花フジ(金鎖)はタイのゴールデシャワー(別名ラーチャプルック)に姿は似ており、                                        
           同じ豆科であるが属が異なる。

f0116707_19461155.jpg



f0116707_19523393.jpg



           約2から3週間が藤の花の見ごろで、つつじとのコラボがきれいである。
           そろそろ、シャクナゲの季節で、その後にバラと主役が順次交代していく。
[PR]

by kentakajp | 2012-05-10 19:54 | 日本

ブログ名変更のご挨拶

退職後は、避寒を目的に東南アジアに出かけゴルフにテニスにと勝手気ままに暮らしていた。
特に、チェンマイでは日本人ロングステイヤーのコミュニティーがあることから、生活しやすく、
6年間も通ってしまった。春先に帰国し、桜を愛でて続く新緑の季節に生きる喜びを感じる
というのが年中行事になりつつあった。

特にチェンマイでは、道路状況が良いことから、多くの北タイの国立公園を訪れる機会に恵
まれた。季節ごとに表情を変える景色は美しいもので、偉そうなことは言えませんがそろそろ
行きつくした感がある。

今後は、しばらくは日本に留まり、日本のきれいな景色等をチェンマイのステイヤー達に発信し
ようと思う。

最近はゴルフは面倒になり、気軽に取り組めるテニスを楽しむのが中心である。これも平日の
ことで、土、日曜日は現役組に譲って、小さな庭いじりやギターの練習をしている。

また、時間があれば「つれづれなるままに、パソコンにむかいて・・・・」という状況から、この
ブログの題名を、現在の生活状況を現わしている“つれづれなるままに”と改名することにした。
[PR]

by kentakajp | 2012-05-10 16:35 | ご挨拶